業務案内

ホーム > 業務案内

高い技術力と長年の経験から生み出すスピーディーで正確な製品

加工は単に設備を保有するだけでは成り立ちません。それを扱う人の経験と技術、そして熱意が優れた製品を生み出すのです。

加工事例

ヘルメット

内装緩衝材
モルトフィルター
フレームラミネート
カームフレックス
PEライト

写真提供:株式会社アライヘルメット

建設機械・農業用機械
吸音材・制振材・断熱材
カームフレックス
ゴムスポンジ
エプトシーラー
住宅設備
止水材・断熱材
ペフ
ソフトロン
エプトシーラー
スーパーシート
生活用品・DIY関連
スポンジたわし
ウレタンフォーム
PEライト

このページのトップへ

加工工程

工程:1

作業指示書発行

スライス加工
ブロックをテーブルに乗せ、ナイフを水平方向に駆動する。
ブロックはシート状に裁断される。

ラミネート加工
フォームと両面接着テープを貼り合せる。

工程:2

抜型
各製品の型や図面、仕様書等は急なオーダーにもスムーズに対応できるよう管理されている。

素材大断ち

工程:3

プレス打抜き加工
打抜機にトムソン刃で作った任意形状の刃型をセットし、板物シートを圧縮して打ち抜く加工方法。粘着加工品では全抜きだけでなく離型紙だけを残すハーフカット法もある。

丸刃スリッター加工
長尺品の加工に適しています。
丸刃の高さを調整することでハーフカットも可能。

押切りハーフカット加工
発泡体粘着品の離型紙のみを残すカット方法。
短冊状、升目状の直線加工ではビク型は必要としない。

工程:4

仕上げ・検査
丁寧な仕上げ作業と、正確な目視検査により品質を保持。

その他の 加工
熱プレス加工
フォームシートを熱プレス機で加熱、圧縮して成型する。
くりぬき加工
板状フォームをメス型治具にセットし、オス型治具でフォームを圧縮してメス型治具より突出した部分をナイフで切り取り3次元形状にする。

このページのトップへ